DCニュース

 

ゆうちょ銀行、個人型に特化した確定拠出年金サービスを展開

2015-05-21

ゆうちょ銀行
確定拠出年金(個人型年金)
スターターキットの一部

 ゆうちょ銀行は、確定拠出年金について個人型に特化したサービスを展開している。問い合わせや申し込みの受け付けは、「確定拠出年金専用ダイヤル」に一元化し、加入後は確定拠出年金サービスを通じて専用のホームページから継続的な情報提供を行っている。運用商品として元本確保型商品に半年複利で利子が計算されるゆうちょ銀行の定額貯金をベースにした「確定拠出年金定額貯金」や、10年定期預金「確定拠出年金専用定期預金『ベストテン』」(三菱UFJ信託銀行が提供)が採用されていることが特徴。

 また、投資信託の品揃えもリスク・リターン特性の異なる運用商品がバランス良く揃えられている他、運用会社についても特定の会社に偏らず国内と海外の運用会社の商品をバランス良く採用していることも特徴といえる。ゆうちょ銀行コンサルティング営業部に、個人型確定拠出年金に関するサービスの概要について聞いた。

――個人型DC「ゆうちょAプラン」の現在の取扱い状況について教えてください。

 当行では確定拠出年金の個人型のみを取り扱っており、新規加入手続きと企業型からの移管手続きを行っております。具体的な流れとしては、当行への加入を希望されるお客さまから、確定拠出年金専用ダイヤルへご連絡を頂き、スターターキットを取り寄せて頂きます。申込書に必要事項を記入後、貯金事務センターへ送付して頂き、申込みに係る手続きが完了すると、確定拠出年金の積立、運用等を行うことができます。

 当行への加入を検討されているお客さまからの照会に対しては、確定拠出年金専用ダイヤルに対応を一元化し、確定拠出年金の制度概要や加入手続き等に関するご案内を行っております。

――個人型DCのサービス内容は、手数料、取扱商品内容以外については、なかなか実際のサービス内容が分かりにくいものです。御行の個人型DCサービスの内容と特徴は?

 現在、「ゆうちょAプラン」では、元本確保型の預貯金を8種類、元本確保型以外の商品として、投資信託を11種類用意しております。「ゆうちょAプラン」の運用商品の特徴は、加入者等の皆さまが幅広く運用商品の選択が可能となるように、できるだけリスク・リターン特性が異なる運用商品を取り揃えている点です。

 当行の確定拠出年金の加入者に対して、「確定拠出年金サービス」を通じて加入者さま専用のホームページをご用意しており、確定拠出年金に役立つ知識や情報を継続的に情報提供するほか、退職後の生活における収支バランスをシミュレーションするためのツール等を提供しております。

――個人型DC制度に普及に欠かせないと考えられる投資教育への取り組みは?

 当行では、お客さまの自己責任において年金資産の運用を行う上で必要となる基礎知識を的確かつ効率的にご理解いただくため、専用の冊子を加入者さま向けに用意しております。また、加入者さま専用のホームページでは、確定拠出年金に役立つ知識や情報を継続的に情報提供するほか、退職後の生活における収支バランスをシミュレーションするためのツール等を提供しております。

――今後の個人型DCへの取り組み姿勢は?

 確定拠出年金は、公的年金に余裕をプラスする「もうひとつの年金」として、老後の資産形成に役立つ制度ですので、加入者の拡大に向けて、引き続き本制度の普及に取り組んでまいります。

バックナンバー

2014 | 2015 | 2016 | 2017