DCニュース

 

MUFGのiDeCo、三菱UFJ信託銀行の投資教育室がリードしてiDeCo向け情報提供を積極展開

2017-02-10

三菱UFJ信託銀行
丸の内ライフプラン・資産形成セミナーの様子

 三菱UFJ信託銀行は、今年1月から三菱東京UFJ銀行と共同運営管理機関としてiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の提供をスタートしたことを機に、個人向けのiDeCo関連情報の発信を強化している。2月7日には会社員等を対象に、定期的に開催している「丸の内ライフプラン・資産形成セミナー」でもiDeCoをテーマに取り上げ、iDeCoの制度概要とiDeCoを使った資産運用について解説した。

投資教育室がiDeCo向けの情報を積極発信

 同セミナーを開催した三菱UFJ信託銀行 受託財産企画部 投資教育室長の斎藤英一郎氏は、「企業型確定拠出年金では制度を導入している企業が、投資教育について主体的に取り組んでいるが、個人が自分の意志で加入するiDeCoは、加入者自らが積極的に投資や資産運用について学び、理解することが重要になる。運営管理機関は、加入者の方々へのわかりやすい情報提供や、投資教育に資する情報やコンテンツを積極的に提供することで、加入者の方々の学びをサポートする役割が期待されている。企業型で培ってきた投資教育のノウハウをiDeCo加入者の方々に開放し、MUFGのiDeCoをご利用いただく方々が納得して運用を継続されることをサポートしていきたい」と語っている。

 同行の資産形成サポートは、公式ホームページ上で展開している「お金の、育て方 ~未来のための資産形成~」のページでうかがい知ることができる。たとえば、「3分で学ぶ! 解説動画」「若手ビジネスマン必読! 漫画で分かる資産形成」などのコンテンツは、資産形成の必要性やポイントを分かりやすく解説している。また、シミュレーションツールとして「生涯収支を診断! ライフプランシミュレーション」や、ロボ・アドバイザーと言われる「投資スタイルを分析! 資産運用シミュレーション」を無料で提携している。そして、セミナー開催情報や最新コラムを届けるメールマガジンの登録も受け付けている。2月7日に開催した「丸の内ライフプラン・資産形成セミナー」においても、無料で開放しているシミュレーションツールの活用も呼びかけた。

 第1部で「個人型確定拠出年金制度」をテーマに、制度概要などを解説した確定拠出年金業務部 受託企画グループ 担当課長の吉田知広氏は、iDeCoの特徴である「掛金は自己負担」「運用は自らの判断でおこない、運用結果で将来受け取る年金額が変わる」「積み立てたお金は60歳以降に受け取る」「拠出時・運用時・給付時の税制面での優遇」など説明しつつ、「iDeCoは、魅力的な制度ではあるものの、実際の利用にあたっては、事前に、今後のライフプランを考えた上で、将来の収支を見積もって必要な金額をイメージすることが大事。60歳まで引き出せないことを考慮に入れてご検討いただきたい」と語り、具体的な事前準備として同行が提供するライフプランシミュレーションなどの活用をアドバイスした。

 また、第2部で「『iDeCo』の資産運用は?」をテーマに講演した受託財産企画部 投資教育室 業務グループ 課長の安西信雄氏は、「資産運用のポイントは、『長期』に、『継続』して、『分散』すること。iDeCoは、毎月一定の掛金額で長期にわたり投資が可能ということで、制度として『長期投資』『継続投資』の機能が備わっている。したがって、実際に活用するにあたっては『分散投資』を考えることが重要」と語り、長期・継続・分散投資の具体的な事例をあげながら、その効果について解説した。

4月5日に専業主婦(夫)を対象にしたiDeCoセミナー開催

 同行ではiDeCoに関する情報提供の一環として、4月5日(水)にサンケイリビング新聞社が主催する「iDeCoセミナー」に協賛。同セミナーは、東京・新宿の京王プラザホテルで定員200名の会場を用意。元プロテニスプレイヤーの杉山愛さんが「夢を叶える生き方(仮)」をテーマに講演し、FPアソシエイツ・コンサルティング代表の神戸孝氏が「iDeCoの有効活用について(仮)」を講演する。ケーキとコーヒー付きで平日の14時15分からスタートするセミナーだけに、専業主婦(夫)が主たる対象と想定される。サンケイリビングが展開する「リビングくらしナビ」で募集受付を行っている。

 吉田氏は、「iDeCoは、資産運用について学びながら、納得して長く継続することが大切。たとえば、30歳の方がスタートすると60歳まで30年間続けることになる。この間、運用を継続できるよう、投資教育室と確定拠出年金業務部ではいろんなコンテンツをそろえることによって、皆さまの老後資金への備えをバックアップしていきたい」と、iDeCo向けの情報提供を強化していくと語っていた。

バックナンバー

2014 | 2015 | 2016 | 2017