DCニュース

 

DC専用ファンド(2017年3月)、資金流入額は1年ぶりに400億円超え

2017-04-07

 DC専用ファンドの2017年3月の純資金流出額は約484億円と、16年4月の資金流入額(約634億円)以来、1年ぶりの大きな資金流入になった。バランスファンドへの資金流入額が約216億円で1年ぶりの高水準となった。また、国内株式、先進国株式への資金流入額も、それぞれ78億円、83億円と復調した。9つのカテゴリーすべてが資金流入になったのは、16年10月以来5カ月ぶりのこと。

※3月の純資金流出入額は推計値
出所:モーニングスター作成

 DC専用ファンド全体での2017年3月末の資産配分状況は、株式ファンド42%、債券ファンド22%、バランスファンドに34%という割合で、2月末と変わらなかった。DC専用ファンド全体の純資産総額は約4兆645億円と、2月末(約4兆191億円)から454億円増加した。(※個別のDC規約では、DC専用ファンド以外のファンドを制度に採用している場合があるため、DC専用ファンド全体の純資産総額は、国内DC制度全体で運用されているファンドの残高とは一致しない)

出所:モーニングスター作成

■資金流入額の上位に「バランス」が戻る

 DC専用ファンドの過去1カ月間の純資金流入額ランキングは、バランスファンドが再び上位を占めるようになった。トップの「三菱UFJプライムバランス(安定成長型)DC」(三菱UFJ国際)はDC専用ファンドでもっとも残高が大きなファンドで、前月こそトップ10から滑り落ちたものの、第4位の「三菱UFJプライムバランス(成長型)DC」(三菱UFJ国際)とともにトップ10の常連。

 また、三井住友トラスト・アセットマネジメントの「分散投資コア戦略ファンドS」、「インデックスコレクション(バランス株式30)」、野村アセットマネジメントの「マイバランス50(確定拠出年金)」など、バランスファンドがランキング上位に目立った。

DC専用ファンドの過去1カ月間の純資金流入額ランキング

※2017年3月末時点、純資金流入額は推計値
出所:モーニングスター作成

■パフォーマンスのトップは4カ月連続で「DCダイワ新興国株式ファンダメンタル」

 個別ファンドの過去1年間のトータルリターンでトップは、4カ月連続で大和投資信託「DCダイワ新興国株式ファンダメンタル」。2位は6カ月連続で野村アセットマネジメント「大塚グループ株式F(確定拠出年金向け)」になった。

 2月にランキング上位を占めた新興国株式ファンドがトップの「DCダイワ新興国株式ファンダメンタル」と10位の「三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド」を除いてトップ10から脱落し、代わって、先進国の株式を投資対象とする「大和住銀 DC海外株式アクティブファンド」、「大和住銀 DC外国株式ファンド」、また、日本株ファンドがランキング上位に浮上した。

DC専用ファンドのトータルリターン(1年)ランキング

※2017年3月末時点、純資金流出入額は推計値
出所:モーニングスター作成

バックナンバー

2014 | 2015 | 2016 | 2017